産院の選び方②〜こんなポイントも要チェック



前回の記事で産院の選び方について書きました。

産院の選び方②〜こんなポイントも要チェック

2017.10.24

今回は後半のポイントについて、詳しく書いていきます。

無痛分娩や和痛分娩などを行なっているか。行なっている場合は、24時間その体制が取られているか。

無痛分娩とは

海外では無痛分娩での出産が多いそうです。

まだ日本では無痛分娩や和痛分娩をできる病院が限られているので、希望する方は早めに分娩予約をした方が良いです。

最近は無痛分娩を選ぶ方が増えているようで、6〜7ヶ月先の分娩まで予約で埋まっていることもあります。

また、24時間いつ入院することになっても無痛or和痛分娩をできるかも要チェック。

無痛分娩をできる医師の数が限られているので、24時間いつでもできるわけではないという病院もあるので、「絶対無痛がいい!」という方は分娩予約する前に要チェックです。

出産育児一時金直接支払制度を行なっているか。

これは意外と盲点ですが、重要なポイントです!

私の産院は直接支払制度を行なっていない病院だったので、妊娠26週頃までに出産費用のうち半分くらいを前払いし、退院時に残りの金額を支払いました。

直接支払制度を行なっている病院だと、あらかじめ多額の出産費用を用意しなくて済みます

  • いつ
  • どれくらいの

支払いがあるのか?は重要なポイントなので、ぜひ確認してみてください。

受付の方に聞くと教えてもらえます。

プライバシーに配慮したサービスを行なっているか。

最近は大きな病院だと大体モニターで番号を表示されて、自分の番号が来たら診察室に入るというスタイルが多いです。

例えば職場と家が近所で、産院も徒歩圏内のところを選びました!って場合は、「初期でまだ妊娠を公表していない…」なんて時に番号表示だとありがたいですよね。

産前だけでなく、産後のケアも充実しているか。

産前には、マタニティヨガや母親学級などのプログラムが充実しているところが多いと思うんですが、産後のプログラムはどんなものが用意されているか、聞いてみてください♪

例えば、

  • 産後1ヶ月以内は母乳外来を無料 または 安く受診できる。
  • 産後6ヶ月以内は赤ちゃんと一緒に受講できる産後ヨガやフィットネスがある。
  • 産後3・4ヶ月の育児教室がある。
  • 離乳食教室をやっているところがある。

などなど。

「○○病院 産後」と検索すると、産後にどんなケアがあるか出てきます。

生まれるまでは産後のことなんて頭になかったんですが、育児をしていると運動不足になりがちです。

産後の運動プログラムがあるところは良いな〜と今とてつもなく思っています。笑

産後ヨガに頻繁に通うママ友ができたなんて話も聞きますよ♪

同じ産院の場合、家も近所ってこともあると思うので、近所の情報交換とかもできますし、ぜひチェックしてみてくださいね。