おしゃぶり比較レポ☆NUKとピジョン



先日こちらの記事で、うちの子は外出先で眠そうだけど眠れないということについて、書きました。

そして、その救世主なるか!?ということで買ったのがNUKのおしゃぶり。

外出先で寝ないという悩みの救世主となるか!?NUKのおしゃぶり

2017.12.20

今回は、今まで使っていたピジョンのおしゃぶりとの違いを比較してみます♪

NUKとピジョンのおしゃぶり比較

形状の違い

今までは、薬局で買ったピジョンのおしゃぶり(右の黄色い方)を使っていました。

※NUKは、生後6ヶ月〜のMサイズ。ピジョンは、新生児〜のSサイズです。

前から見るとビジョンの方が大きめ。

でも、NUKのおしゃぶりを開封して一番びっくりしたのが、

「おしゃぶり部分がこんなに大きいんだ!?」

ということ。

上から見ると一目瞭然なのですが、左のNUKの方が大きいですよね。

※こちらの画像は、ピジョンSサイズとの比較です。ピジョンMサイズは、もう少し横幅が大きいです。

次に横から見た形は、こんな感じです。

右のピジョンは直線的で、おしゃぶり部分が長い感じ。

左のNUKは曲線的な感じで、上に突き上がっていますね。

NUKは歯科医との共同開発商品

NUKのおしゃぶりについていた製品パッケージによると、

「お口周りの健康・発達を考え抜いてつくられた赤ちゃんに最適なカタチ。」

もともと、”歯並びを悪くしないおしゃぶり”ということでNUKの名前は聞いたことがあったけど、歯科医と一緒に開発されたドイツのブランドだそう。

実はおしゃぶりを使うことは、新生児の頃、抵抗があったのです。

その理由のひとつが歯並びが悪くなるのではないかということ。

6ヶ月頃から歯も生えてくるというし、歯並びを悪くしにくいというのはありがたい点です!

おしゃぶりを使って寝れたのか??

さてさて、肝心の眠りは、どうかと言うと、、、

3回の外出中、2回はベビーカーで寝てくれました!

授乳が終わり、そっと口をおっぱいから離すと、「ギャ~~~!」(「僕はまだ寝てないんだ!まだ飲んでるんだ!!」って感じ)

いつもは、「寝てたじゃ〜〜〜ん!」とツッコミながら、もう一度落ち着くまでおっぱいを吸わせる…って感じでした

今回はNUKのおしゃぶりを口に入れてみると、最初は「なんじゃ、これは!?」という感じで、少し驚いた様子でしたが、そのあとはチュパチュパしながらしばらくしたら寝ました!

むうママ
この独自のおしゃぶりのカタチがおっぱいに近い感じだから落ち着くのかしら!?

2回はこんな感じだったのですが、3回目の時は眠りが浅かったのか、NUKのおしゃぶりを口にした瞬間、おしゃぶりそのものに興味津津。

自分の手で持って観察してみたり、舐めてみたり、おしゃぶりで遊んでました。笑

もちろん、おしゃぶりを入れても、ギャン泣きの日もありますし、すんなり寝ない日もありますが、

3回中2回寝られたことに感謝しつつ、外出のお供にしたいなと思いました✨

おしゃぶりを使うメリット

私は、妊娠中に買い揃えたベビーグッズの中におしゃぶりはなかったのですが、新生児の頃、あまりに頻回の授乳となぜ泣いているのか分からない…もう寝不足で辛い…という時に、母がビジョンのおしゃぶりを薬局で買ってきてくれました。

眠いのになんだか口寂しくて眠れないという時や、おっぱいの安心感が欲しいという時に、赤ちゃんもおしゃぶりを使うと安心するのかスッと寝てくれることがあり、かなり助けられました。

「おしゃぶりを使うと、やめられないんじゃないか?」とか抵抗がある人も中にはいるかもしれませんが、育児中はただでさえ、お母さんも寝不足になりますし、赤ちゃんも寝たいのに眠れないのは嫌だと思うので、そんな時はおしゃぶりに頼って、お母さんも楽できるなら良いと思います♪

外国のブランドらしく、こちら以外にも可愛いデザインのものがたくさんあります♡